健竜会

本部 山健 組 本部 山健 組

☺ そうした中で神戸山口組若頭補佐を務める二代目黒誠会(大阪 剣政和組長)、正木組(福井県 正木年男組長)は引退、また同じく神戸山口組の最高顧問であった池田組(岡山県 池田孝志(金孝志)組長) も離脱、池田組も山口組の看板を外し独立組織にそれに続いて三代目熊本組(岡山 藤原健治組長)も離脱し同じ岡山県の池田組と統合する噂もある。 上写真の駐車場がまさにその土地で、広さはたっぷり400㎡(120坪)ある。 初代(1961年 - 1982年):(三代目若頭)• 過去に数多く発生してきたヤクザ抗争とは、かなり異なるかたちで続く六神抗争。

18
今後も抗争の行方に注目である。

山健組が再始動! 対六代目山口組 緊迫の“軍略会議” (2020年6月26日)

本部 山健 組 本部 山健 組

🚒 若中-喜多 安志 有仁会会長• それは、ある五代目山健組系会長の去就についてであった。 山口組ナンバー2、の出所直前のタイミングである、山健組本部事務所前で弘道会系幹部の手により組員2人が射殺される。 山口組は山健組など13団体の絶縁・破門処分を決めたとみられ、9月1日には総本部で幹部らが集まる定例会が予定されている。

10
その際、山本健一と、同じく若頭補佐のによる決選投票が行われ、投票の結果一度は山本広に決定したが、山本健一の直訴により田岡から山本健一が指名された。 田中勝彦(二代目矢倉会会長)• 同月27日、夜9時頃には埼玉県八潮市内で、神戸側直系の山健組の最高幹部が住む家が銃撃された。

神戸山口組に残留した山健組が新人事に着手…名門組織が分裂し、2つが並行する混沌状態に

本部 山健 組 本部 山健 組

😛 これで山口組の分裂抗争は実質的には終わりを告げることになるでしょう」 暴力団事情に詳しいジャーナリスト・溝口敦氏は驚きを交えながらそう語る。

20
三代目 舎弟頭補佐・中村伍男(組長) - 後に六代目山口組若中• 二代目 若中・岡本久男(岡本組組長) - 後に二代目松下組組長、六代目山口組若中• 継承式では弘道会の竹内会長が後見を務め、ほかに山口組の幹部や直参が10人ほどが参列するなど、六代目側からの力が強く作用していることは明らかだった。

山健組(中田浩司組長)が神戸山口組に宣戦布告・木村会も六代目山口組入り、どうした神戸山口組解散か?

本部 山健 組 本部 山健 組

👣 今回の定例会も事後に判明しており、重要な話し合いだからこそ、極秘で開く必要があったとみられたのだ。 今後、抗争がさらに激しさを増す可能性は高い。 会長 - 西川 良男• 今後も会津小鉄会で起きたように、親戚団体の跡目問題などで、両山口組が争う「代理戦争」が繰り返される可能性は低くない。

14
その後、新型コロナウイルスの感染拡大によって両山口組は休戦状態となり、緊急事態宣言の全面解除5日後に、岡山県で池田組の前谷祐一郎若頭が、大同会・岸本晃生若頭代行 銃刀法違反罪で起訴、殺人未遂容疑で再逮捕 によって銃撃されたのだ。

山健組

本部 山健 組 本部 山健 組

🙄 ナンバー2の若頭も同じ2次団体・弘道会(名古屋市)出身の高山清司受刑者(67)が担うなど、弘道会の支配が拡大し、山健組との間で運営方針などをめぐり食い違いが生じていた。 2017年4月30日、山健組の副組長であったが神戸山口組を離脱し、新たにを組織した。 、橋本と前舎弟頭の相談役・会長太田守正が本家直参へ昇格し、橋本は山口組若頭補佐に就任した。

7
今年、結成から100年となる山口組は事実上、分裂した。

五代目山健組直系組長が下した「ある決断」…対峙する二人の親分への義理と配慮とは?

本部 山健 組 本部 山健 組

🎇 岡本朝夫(岡本事務所総長)• 歴代組長 [編集 ]• 「特定抗争指定暴力団」に指定されたうえ、コロナ禍によって、シノギが激減していることも影響しているようだ。 元満志郎(二代目安倍組組長)• 橋本憲一(橋本会会長)• 一方で、六代目側は静観でしょう。

5
舎弟 - 金本 将典• 矢野英昭(二代目本江組組長• 幸い、火は燃え広がらずに壁の一部などを焦がしただけで済みケガ人もなかった。

山健組

本部 山健 組 本部 山健 組

🤗 その会長が、11月26日、京都刑務所から出所を果たしたのだ。 若中-北山 亮• 1月21日には代目継承式が執り行われ、馬場会長は総裁に就任し、金子利典会長代行が七代目会長の座に就いたのだ。 石澤重長(石澤組組長)• 1961年、は、に参画した。

三代目 舎弟・大関大(二代目会長) - 後に五代目山口組若中• 二代目 舎弟頭・浅川一實(総長) - 後に五代目山口組若中• 会則 [ ]• 幹部 -三井 芳造• そんな中で、その会長ひとりだけは、離脱した五代目山健組にも、そして神戸山口組残留派にも、いまだに籍があるのではないかと見られていたのだ。 山健組ナンバー3を含む直系組織が拠点を奪われるため、早急に対策を敷く必要があったともみられた。