司書の公務員採用試験・求人情報

求人 司書 求人 司書

😀 先日、もう少し多めに勤務に入れないかと提案がありましたので、もう少し勤務日を増やしていこうかと思っています。 勤務時間や休日、残業 司書の勤務で特徴的なのは、不規則な勤務になることと、本に対する知識や好奇心を持つ生活になる点が他の仕事と異なります。 また「IAAL大学図書館業務・実務能力認定試験」の受験を支援し、IAALより講師を招いての対策講座も実施しています。

10
日々新しい書籍が刊行されるなか、司書は図書館の蔵書として価値があるものを選定し、発注をかけています。

司書になるには・仕事内容と本音・全国の求人|スタンバイ

求人 司書 求人 司書

🐝 この他にも、読書活動の推進を目的とした事業の企画・実施や、近隣に図書館がない地域への自動車文庫での巡回など、奉仕活動の展開を行っています。

11
転職サービス こんな方に おすすめ 特徴 全ての転職者• (ア)(イ)いずれかに該当する人 (ア)平成2年4月2日から平成10年4月1日までに生まれた人(学歴は問いません) (イ)平成10年4月2日以後に生まれた人で、学校教育法による大学(短期大学を除く)を卒業した人(令和2年3月31日までに卒業する見込みの人を含む)又はこれと同等の資格があると愛知県人事委員会が認める人 採用試験日(第1次試験) 令和元年6月23日(日) 【募集終了】日本赤十字看護大学 募集職種 図書館司書(専任職員)1名 採用予定日 令和元年7月1日 資格要件 次の(1)~(5)全てに該当すること (1)大学卒業あるいは大学院修了で司書資格をお持ちの方 (2) 大学図書館や公共図書館、専門図書館で3年以上の勤務経験のある方 (3)本学の図書館の現状を理解し、学内利用者に向けた学修・研究支援、学術情報環境の整備等、幅広く司書業務を行うことが可能な方 (4)大学職員としての業務に意欲のある方 (5)図書館専用システムの操作経験があり、基本的な英語の読解能力を有する方 採用試験日(第一次面接) 令和元年5月11日(土)午後予定 こちらは大学図書館。 職場をご紹介いただいた際には、サブリーダーとしてお仕事に就いて欲しいとお話をいただいたため、責任が重く、自分に務まるだろうか?と不安も大きかったのですが、キャリアパワーの方や図書館の先輩方、周囲の方々に支えられて、なんとかやって来れました。

司書の仕事内容・なり方・給料・資格など

求人 司書 求人 司書

🎇 そのため他の職員と同様に有給休暇の取得などが可能です。 図書館職員の求人数は、図書館の数そのものが民間の一般企業数と比較して圧倒的に少ないため、必然的に図書館職員の求人数は少なくなります。 しかし、学校の場合は特に臨時職員・嘱託職員・パートなどの雇用となり、学校を兼務して毎日同じ学校にいられないこともざらにあります。

利用者について知る どのような人が図書館利用者であるかを知り、利用者の指向・傾向を把握することが求められます。 また開館日・休館日のルールも運営もとによって変わるため、変則的なシフト制勤務になりがちです。

図書館・司書の求人情報

求人 司書 求人 司書

😘 公共図書館に勤めたいと思うと公務員試験を受けることになるので、その対策を取らねばなりません。 臨時職員や派遣社員、アルバイトとしての募集がほとんどで、正社員を採用しているところは、あまりないのが現状です。 公立学校の図書館も数多く掲載される傾向がありますので、是非チェックしてみましょう。

14
2021年2月28日. 地元の小学校を2校掛け持ちで図書館の本を管理するアルバイトで、月に数日から15日程度、新刊本が入った時など必要な時に出勤して仕事をしました。 司書(図書館司書)求人の募集でよくある施設や事業形態のパターン 以下の3つの形態が代表的です。

図書館司書求人でよくある募集内容は?司書求人の種類やおすすめ求人のポイントをご紹介!【ジョブール】

求人 司書 求人 司書

😄 正社員だけでなく、「週1日~」「土日のみ」といったアルバイトの求人も閲覧できるほか、スタッフのスキルアップのための研修制度や、司書資格取得支援制度の情報もあります。

7
そして38歳で自宅近くの自動車会社で経理と総務事務としてパート勤務を始めました。 地方公務員の給与は国家公務員に準じて決定されますが、多くの地方自治体で国家公務員よりも若干高い給与とする傾向があります。

図書館司書求人でよくある募集内容は?司書求人の種類やおすすめ求人のポイントをご紹介!【ジョブール】

求人 司書 求人 司書

🤗 司書の採用は、司書の資格を取得していることが条件となっていることがほとんどです。 大学図書館では、所属する教員や学生等の研究、開講されている授業教材のを支援することも役割に含まれるため、より専門的な分野に関する知識が必要になります。

14
インターネットだけでなく、新聞や論文の検索ツールを随分活用しました。