Aspen社との提携についてのお知らせ

アスペン バラシクロビル アスペン バラシクロビル

👇 造血幹細胞移植における単純ヘルペスウイルス感染症(単純疱疹)の発症抑制 通常、成人にはバラシクロビルとして1回500mgを1日2回造血幹細胞移植施行7日前より施行後35日まで経口投与する。 腎障害を有する小児 0歳〜14歳• 代謝・排泄(錠剤での成績) 6例の健康成人にバラシクロビル1000mgを単回経口投与した場合、主な排泄経路は尿中であり、24時間以内の尿中に未変化体、アシクロビル及び9-カルボキシメトキシメチルグアニン(既知のアシクロビルの代謝物)がそれぞれ投与量の0. ヘルペスウイルスに作用して増殖を抑えて、性器ヘルペスの再発抑制にも用います。 なお、腎障害を有する小児患者における本剤の投与量、投与間隔調節の目安は確立していない。

3
ACV-TPは正常基質であるdGTPと競合してウイルスDNAポリメラーゼによりウイルスDNAの3'末端に取り込まれると、ウイルスDNA鎖の伸長を停止させ、ウイルスDNAの複製を阻害する。

バルシビル通販|バルトレックス|ヘルペス薬|効果・副作用

アスペン バラシクロビル アスペン バラシクロビル

♨ 本剤はアシクロビルのプロドラッグであり、投与後速やかにアシクロビルに変換されて抗ウイルス作用を発現する。

本剤の投与は、発病初期に近いほど効果が期待できるので、早期に投与を開始すること。 薬物動態 6例の健康成人にバラシクロビル500mg又は1000mgを単回経口投与した場合、その活性代謝物であるアシクロビルに主に肝臓において速やかに代謝され、血漿中アシクロビル濃度推移及び薬物動態パラメータは下記の通りであった。

バラシクロビル錠500mg「アスペン」の効果・用法・副作用

アスペン バラシクロビル アスペン バラシクロビル

🙌 造血幹細胞移植における単純ヘルペスウイルス感染症(単純疱疹)の発症抑制• 意識障害(昏睡)、幻覚、痙攣 [[精神神経症状]• シメチジン 本剤の活性代謝物のアシクロビルの排泄が抑制され、アシクロビルのAUCが27%増加するとの報告がある。

1
なお、一般に精神神経症状は本剤の投与中止により回復する。 2).肝臓:(頻度不明)肝機能検査値上昇。

バルシビル通販|バルトレックス|ヘルペス薬|効果・副作用

アスペン バラシクロビル アスペン バラシクロビル

👍 水痘の治療における本剤の使用経験は少ないため、本剤を水痘の治療に用いる場合には、治療上の有益性と危険性を勘案して投与すること。

15
副作用 主な副作用としては、 成人:腹部不快感、頭痛等 小児:蕁麻疹、下痢等 があります。 当サイトでは500mg/1000mgの2種類が購入可能です。

バルシビル通販|バルトレックス|ヘルペス薬|効果・副作用

アスペン バラシクロビル アスペン バラシクロビル

😄 なお、腎機能障害患者では、特に意識障害等があらわれやすいので、患者の状態によっては従事させないよう注意すること(「用法・用量に関連する使用上の注意」の項参照)。

2
但し、1回最高用量は1000mgとする。

バラシクロビル錠500mg「アスペン」(アスペンジャパン株式会社)

アスペン バラシクロビル アスペン バラシクロビル

🤘 , J Antimicrob Chemother, 18 Suppl. :Expert Opin Drug Metab Toxicol, 8, 1565-1577(2012) 14 Tanihara Y, et al. なお、腎機能障害患者では、特に意識障害等があらわれやすいので、患者の状態によっては従事させないよう注意すること(「用法・用量に関連する使用上の注意」の項参照)。

2).造血幹細胞移植における単純ヘルペスウイルス感染症(単純疱疹)の発症抑制:体重10kg未満の小児には体重1kg当たりバラシクロビルとして1回25mgを1日3回、体重10kg以上の小児には体重1kg当たりバラシクロビルとして1回25mgを1日2回造血幹細胞移植施行7日前より施行後35日まで経口投与する• 5㎎ アムロジピン錠10㎎ ファイザー ファイザー ノルバスク錠10㎎ アムロジピン錠2. どうしても必要な場合は、必要最小限の範囲で用います。

Aspen社との提携についてのお知らせ

アスペン バラシクロビル アスペン バラシクロビル

📱 本剤の投与は、発病初期に近いほど効果が期待できるので、早期に投与を開始すること。

5
進行性HIV感染症• また、バラシクロビル500mgを1日2回(12時間毎)又は1000mgを1日3回(8時間毎)6日間反復経口投与した場合、数回の投与で血漿中アシクロビル濃度は定常状態に達し、トラフ濃度の平均はそれぞれ0. [本剤投与後、活性代謝物のアシクロビルがヒト乳汁中へ移行することが報告されている(「薬物動態」の項参照)。

バラシクロビル錠500mg「アスペン」

アスペン バラシクロビル アスペン バラシクロビル

📱 ただし、1回最高用量は500mgとする。 また、再発抑制に対して本剤を投与しているにもかかわらず頻回に再発を繰り返すような患者に対しては、症状に応じて1回250mg1日2回又は1回1000mg1日1回投与に変更することを考慮すること。

プロドラッグ化により経口吸収性が改善され、アシクロビル経口製剤より高いAUCが得られる。 いずれの場合も、基礎疾患により服用量や服用回数が異なる場合があります。

バラシクロビル錠500mg「アスペン」

アスペン バラシクロビル アスペン バラシクロビル

💖 単純疱疹• 2)を示した。 副作用 (添付文書全文) 本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。

8
東 純一ほか, 臨床医薬, 14, 2683-2700, 1998. 通常、成人にはバラシクロビルとして1回500mgを1日1回経口投与する。 武藤茂生ほか, 小児科臨床, 36, 2785-2790, 1983. 帯状疱疹 通常、小児には体重1kg当たりバラシクロビルとして1回25mgを1日3回経口投与する。