ダイハツ・ハイゼット、リコール 昨年に新東名高速で急減速してガードレールに接触する事故があったという : 乗り物速報

リコール ハイゼット リコール ハイゼット

☮ そのため、そのままの状態で使用を続けると、ネジ面が錆びて固着し、自動調整機構が作動しなくなるおそれがある。 燃料タンクに不具合があり、亀裂が入った場合、燃料が漏れる恐れがある。 参照情報 国土交通省• 油圧漏れを確認した場合に、バルブボデーを新品と交換する。

18
CarZoot社の解氷スプレーは、-50度までの凍結をあっという間に溶かしてくれますので、急なフロントガラスの凍結や朝、急いでいる時も安心して利用できます。 不具合は636件発生、事故は起きていない。

ダイハツ・ハイゼット、リコール 昨年に新東名高速で急減速してガードレールに接触する事故があったという : 乗り物速報

リコール ハイゼット リコール ハイゼット

🖐 ダイハツ工業は28日、油圧漏れで急減速する可能性があるとして「ハイゼット」「ハイゼット トラック」や、スバルブランドの「サンバー」、トヨタブランドの「ピクシス バン」など軽自動車10車種計62万4105台(平成26年8月~昨年11月生産)をリコールすると国土交通省に届け出た。 — やまげん yamagen3014 ハイゼットの今回リコールになった車種やリコール内容はどうなっているのでしょう。 これまでに、この不具合による物損事故が1件発生。

ダイハツの軽商用車「ハイゼット」(出典:ダイハツ工業) リコール対象車は、「ハイゼットトラック」「ハイゼット」「ハイゼットデッキバン」「アトレーワゴン」と、SUBARUにOEM供給した「サンバートラック」「サンバー」「サンバーオープンデッキ」「ディアス」、トヨタ自動車に供給した「ピクシストラック」「ピクシスバン」の計10車種。 そのため、油圧漏れを正しく検出できず、そのままの状態で使用を続けると、油圧漏れが大きくなり、最悪の場合、意図せぬクラッチが係合し、一時的に急減速するおそれがある。

ダイハツ、62万台リコール 変速機に不具合、事故1件:時事ドットコム

リコール ハイゼット リコール ハイゼット

👍 その結果、油圧漏れが大きくなり、意図しないギアチェンジが起きて急減速する恐れがある。

20
また、油圧漏れが発生した際に、AT制御コンピュータのプログラムが不適切なため、故障検知を正しく行わないものがある。

ダイハツ、ハイゼット など62万台をリコール…ATオイル漏れで急減速のおそれ(レスポンス)

リコール ハイゼット リコール ハイゼット

💢 また、燃料タンクを点検し、損傷している場合は、新品と交換する。 自動車使用者等に周知させるための措置 使用者:ダイレクトメール等で通知します。 この事故を含む不具合の報告が35件あった。

6
改善措置については、バルブボデーの異常摩耗の検証に時間を要するため、全車両、AT制御コンピュータのプログラムを対策プログラムに書き換えるとともに、油圧漏れを点検し、油圧漏れが確認できた場合には、バルブボデーを新品と交換する。 自動車特定整備事業者:日整連発行の機関誌に掲載します。

ハイゼットに乗る人は重要!2021年1月のリコール内容と対処法は?

リコール ハイゼット リコール ハイゼット

👀 まず、動力伝達装置において、バルブボデーが異常摩耗し、油圧漏れが発生するものがある。 そのため、走行中にエンジンが停止する、あるいは、エンジンが始動できなくなるおそれがある。 対象車両は、動力伝達装置にて、バルブボデーが異常摩耗し油圧漏れが発生するものがある。

11
不具合の発見は市場からの情報によるもので、不具合件数は35件、事故は物損1件が発生している。 ブレーキが直せない不具合で返品。

ハイゼット、アトレーワゴン、ハイゼットデッキバンのリコールについて|リコール・改善対策情報|リコール等情報|軽自動車・エコカー・低燃費車【ダイハツ】

リコール ハイゼット リコール ハイゼット

🤘 国土交通省によりますと、不具合の内容は、自動でギアを切り替える装置の部品で油が漏れるおそれがあり、油漏れが発生してもコンピューターのプログラムが不適切で正しく検知できないということです。

9
バルブボデーの異常摩耗については、原因が特定でき次第、必要に応じて措置を講じるという。 自動変速機(AT)の制御に不具合があり、意図しない急減速が起きる恐れがあるという。

ダイハツ、ハイゼット など62万台をリコール…ATオイル漏れで急減速のおそれ

リコール ハイゼット リコール ハイゼット

😭 リコール対象車は、無料で修理、改善が行えます。 心配な人は、 車検証などで型番や製造年月日を確認するか、最寄りのダイハツ販売会社に問い合わせましょう。

4
そのため、油圧漏れを正しく検出できず、そのままの状態で使用を続けると、油圧漏れが大きくなり、最悪の場合、意図せぬクラッチが係合し、一時的に急減速するおそれがある。 なお、対策品の準備に時間を要するため、暫定措置として、使用者へ当該オイル量などの日常点検を注意喚起します。

ダイハツハイゼット軽トラック!リコール62万台!AT変速不良で高速で急減速!

リコール ハイゼット リコール ハイゼット

🤭 不具合は35件報告されている。 そのため、油圧漏れを正しく検出できず、そのままの状態で使用を続けると、油圧漏れが大きくなり、最悪の場合、意図せぬクラッチが係合し、一時的に急減速するおそれがあります。

改善の内容 バルブボデーの異常摩耗の検証に時間を要するため、全車両、AT制御コンピュータのプログラムを対策プログラムに書き換えるとともに、油圧漏れを点検し、油圧漏れが確認できた場合には、バルブボデーを新品と交換する。