大阪府:「大阪府営業時間短縮協力金」

金 協力 時短 大阪 営業 金 協力 時短 大阪 営業

😗 ご不便をおかけいたしますが、ご理解くださいますようお願い申し上げます。

15
対象施設の賃貸借契約書等の写し• をご覧下さい。

兵庫県/新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金(第1期:2月7日までの時短要請分)

金 協力 時短 大阪 営業 金 協力 時短 大阪 営業

☏ 大阪府はそこに上乗せする形で独自の協力金を支給する。 ) ・電子申請をされる方はへお進み下さい。 午後8時から翌午前5時までの夜間時間帯に営業を行っていた店舗において、令和3年1月 14日から2月7日までの期間、午前5時から午後8時までの間に営業時間を短縮する(休業も含む)とともに、酒類の提供は午前11時から午後7時までとすること。

7
支給対象となるのは大阪市北区と中央区の酒類の提供を伴う飲食店などで11月27日から12月15日までの間に休業もしくは、感染症対策をした上で営業時間の短縮要請に協力した事業主となります。 ただし、本要件については、対象施設(事業所)が次に掲げる時までにステッカーを導入した場合には、本要件を充足するものとする。

大阪市は家賃に応じて時短協力金を4段階に~6府県の時短要請と協力金まとめ

金 協力 時短 大阪 営業 金 協力 時短 大阪 営業

💋 (上記の「協力金申請サイト」にうまくアクセスできない方もこちらをご参考ください。 申請には「大阪市行政オンラインシステム」の利用者登録( 事業者として登録)が必要です。

5
対象となるのは家賃が月60万円を超える店舗で、支給額は下記の通り。

大阪府:「大阪府営業時間短縮協力金」

金 協力 時短 大阪 営業 金 協力 時短 大阪 営業

🙂 からご確認ください。 募集要項(申請書等様式を含む)の配架場所については、下記リンク先よりご確認ください。 ただし、準備期間が必要な場合もあるため、1月18日から要請を遵守している場合も対象とします。

15
)に全面的にご協力いただいた飲食店等に対し、新型コロナウイルス感染症の拡大防止及び事業継続を目的に協力金を支給します。 ・月の家賃が60万円以上、80万円未満の場合:1万円 ・月の家賃が80万円以上、100万円未満の場合:2万円 ・月の家賃が100万円以上の場合:3万円 協力金については、店舗の立地や規模、家賃などにかかわらず一律で支給されることに飲食店関係者から「不公平だ」という声が相次いでいた。

大阪府営業時間短縮協力金 堺市

金 協力 時短 大阪 営業 金 協力 時短 大阪 営業

✌ 迷惑メール設定をされている方は、利用者登録の前に、「 city. 京都府は 3月7日までは府内全域の飲食店などを対象とし、 8~14日は京都市内に対象を縮小して要請。

2月8日 を更新しました。 パソコンまたはスマートフォンからの申請が可能です。

大阪府営業時間短縮協力金|寝屋川市の行政書士 堀内法務事務所

金 協力 時短 大阪 営業 金 協力 時短 大阪 営業

💖 協力金については全期間協力した場合、 家賃に応じて市独自の協力金を上乗せして差をつける。 詳しくは、をご覧ください。 お問い合わせはへお願いいたします。

8
本人確認書類の写し(法人の場合は代表者)• 酒類提供について大阪府は20時30分までとし、愛知県は時間を設定せずに21時に閉店できるようにオーダーストップすることを求めた。 (支給はすべての書類が整ってから4週間程度かかります。

兵庫県/新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金(第1期:2月7日までの時短要請分)

金 協力 時短 大阪 営業 金 協力 時短 大阪 営業

♥ パソコン等をお持ちでない方は、募集要項および申請様式を 堺市役所高層館7階および 堺商工会議所2階窓口前 にて配架しています。 大阪・兵庫・京都は緊急事態宣言の解除要請について、2月23日午後1時からオンラインで協議を行いました。 順次公開させていただきます。

17
去年の大阪府の休業要請支援金についても、多くの申請を代行した実績がございます。

大阪市:感染拡大防止に向けた営業時間短縮協力金(大阪市・府共同)について (…>産業支援・創出支援・特区制度など>各種支援のお知らせ)

金 協力 時短 大阪 営業 金 協力 時短 大阪 営業

☘ 注:パソコンまたはスマートフォンから申請が可能です。 また、大阪府は大阪市北区と中央区の酒類の提供を伴う飲食店などを対象に営業時間の短縮を要請していますが府の関係者などによりますと、感染の拡大が止まらないことから要請の延長も視野に協議が進んでいるということです。

10
申請前にで確認の上、送信(送付)してください。 愛知県は3月14日まで、県内全域の飲食店などを対象とし、協力金は定休日を含めて要請に応じた日数分、1店舗あたり1日4万円(最大56万円)支給する。